身長を伸ばす方法

食べ過ぎはダメ!肥満児の身長が伸びない理由

子供が太っていると身長が伸びない、といったことが噂されています。都市伝説ではないか、といったことを思っている方もいますが、あながち間違いではありません。実際に太っている子供の身長は低い、といった研究結果もあるほどなのです。

こちらではなぜ肥満児の身長が伸びないのか、といったことについてはお話します。自分のお子さんが低身長でしかも太っている、といった場合は必見です。

肥満児の身長が伸びない理由その1|性ホルモンの分泌が早まってしまう可能性あり

・ホルモンの分泌が活性化すると身長がストップする

早熟タイプは身長が低い、といった話は知っているでしょうか。実際に中学生で身長がストップする方は低身長になりやすいです。一方で、小学生や中学生で身長が低かったとしても、高校生になってから急激に伸びる方は高身長になります。身長に関しては、晩成タイプのほうが伸びる、といった統計も出ているのです。

肥満はその早熟に大きく関連しています。要は、男性であれば男性ホルモンの分泌を早く始めてしまいますし、女性であれば女性ホルモンの分泌を早くしてしまいます。

特に食べ過ぎると、性ホルモンが活性化されると言われているのです。食べなければ栄養が足らなくなりますが、食べ過ぎもいけない、といったことは頭に入れておきましょう。身長伸ばすために食べ過ぎて、かえって太ってしまっては元も子もありません。

肥満児の身長が伸びない理由その2|成長ホルモンの分泌が悪くなってしまう

・成長ホルモンを阻害してしまう

成長期の子供は、寝ている間に大量の成長ホルモンが分泌されます。その結果、身長が伸びるようにできているのです。しかし、肥満の状況が長く続いてしまうと、成長ホルモンの分泌量が少なくなる、ということが分かっているのです。

成長ホルモンの分泌量が少なくなると、骨の成長が阻害されてしまいます。その結果、身長の伸びが抑えられてしまい低身長化してしまいます。

肥満にならずに栄養をたっぷりと与えるにはどうしたら良いの?

・身長系サプリメントを利用しよう

サプリメントは栄養がしっかりと含まれています。ビタミンやミネラル、そしてアミノ酸などを効率的に含めているのです。その一方で、カロリーがほとんどありません。

サプリメントであれば太る心配がなく、大量の栄養素をより効率的に身体に取り込めるのです。