身長を伸ばす方法

身長には骨が関わる!カルシウムが骨になりやすい食事法

身長は間違いなく骨が大きく関連しています。骨が長く伸びなければ背は伸びないのです。だからこそ、食事でしっかりとカルシウムを摂取しなければならない、といったことが言われています。

しかし、カルシウムの摂取方法は難しいのです。普通に食事していれば、そのまま骨に活かされない、といったことまで言われています。

こちらでは、カルシウムが骨として活かされやすい食事方法についてお話します。

カルシウム以外にも摂取すべき栄養素がある!

・ビタミンD
・マグネシウム

カルシウムだけを食事で摂取したとしても、骨にそのまま活かされるわけではありません。注意して欲しいのが、カルシウムを骨にならせやすい栄養素がある、といたことです。その栄養素がビタミンDとマグネシウムです。

カルシウムとともにマグネシウムとビタミンDを一緒に摂取することで、カルシウムが骨に吸着しやすくなります。骨に定着すれば、それだけ骨が丈夫になります。より身長が伸びやすい状態を確保できるわけです。

【マグネシウムを多く含んだ食材例】
・アーモンドなどのナッツ類
・わかめなどの海藻類など

【ビタミンDを多く含んだ食材例】
・魚介類
・干ししいたけなどのきのこ類など

カルシウムを摂取すべき時代がある!

・幼児の時に特に摂取させるべき

カルシウムの吸収率には大きな差が年代によってあるのです。若い時ほど、カルシウムの吸収率は良いのですが、年齢が高くなる事によって、どんどん吸収率は低減してしまうことが分かっているのです。

・幼児の時のカルシウム吸収率・・・75%
・10代の成長期のカルシウム吸収率・・・30%から40%ほど
・20代から30代にかけてのカルシウム吸収率・・・30%ほど

上記のように、幼児の時は圧倒的にカルシウムを吸収します。骨にしやすい状態となっているのです。しかし10代には立と半分程度に下がってしまいます。できれば、小学生低学年お家に、カルシウムを積極的に与えるような食生活を実施してください。

10代の成長期に入った時は、カルシウムだけでなくマグネシウムやビタミンDを併用して、カルシウムが骨になりやすい状況を作り出しましょう。

身長系サプリメントを利用するのもおすすめ

・カルシウム・ビタミンD・マグネシウムが含まれている

身長系サプリメントであれば、身長に必要な成分が効率的に摂取できます。カルシウムだけでなくその他の成分も豊富なので、成長期のお子さんにぜひ与えてください。効果的な身長対策となってくれるはずです。