身長を伸ばす方法

子供を低身長にしてしまうかもしれない食事方法

食事は子供の身長に大きな影響を与えていることが分かっています。正しい食事を与えていれば、身長の伸びを阻害してしまうようなことはありません。一方で、子供を低身長にしてしまう食事があることも事実です。

こちらでは、子供を低身長にしてしまうリスクを高めてしまう食事方法について明らかにします。もしもこちらに紹介したような食事を子供に与えていた場合は、すぐに改めましょう。

お肉ばかりを与えていませんか?

・ステーキ
・焼き肉
・鶏の唐揚げ

上記のような食事を定期的に与えてしまっている家庭は、かなり注意が必要です。お子さんがカロリーの摂取をし過ぎな状況に陥っている可能性があるのです。もちろん、お子さんも食べたがるような食事ばかりなので、どうしても与えてやりたくなるかもしれません。しかし、太ってしまうと身長の伸びが急に抑制されることも分かっています。カロリー制限はしなければなりません。

インスタント食品を与えていませんか?

・食品添加物などが多く含まれているケースが多い

食品添加物には大きなデメリットがあります。身長を伸ばすためには、カルシウムや亜鉛といった栄養素を積極的に摂取しなければなりません。それらの成分が身長を伸ばすために大いに役立ってくれるのです。

食品添加物にはそれらの身長を伸ばすための大事な栄養素と結合する、といった特徴があります。もしも結合してしまうと、それらの栄養素が体内に吸収されません。活かされることなく、そのまま排出されてしまうのです。

カップ麺をよく与えている、といったご家庭はいますぐ食品添加物まみれの食事をやめましょう。

※インスタント食品だけでなく、甘いお菓子などにも食品添加物が含まれているケースが多いです。お菓子を与えてはいけないわけではありませんが、量は制限すべきです。

塩気の強い食事には気をつけること

・血液の流れに影響を与えてしまう

塩気の強い食事がお多くなると塩分過多の状態となってしまい、血液がドロドロに近いような状態になってしまいます。若いのですぐに生命に関わることはありませんが、血液の流れに問題が起こると、全身に効率的に栄養が送られにくくなります。

栄養が全身に回らないような状態になってしまえば、身長が伸びるような状態ではなくなってしまうのです。

塩気の強い食事はやめて血行が良くなるような対策をしましょう。血行促進成分をサプリメントで取る、といったこともおすすめです。身長系サプリメントに含まれていることが多いアルギニンには血行促進作用がありますよ。