子供の身長を伸ばすには
サプリメントが効果的!

子供の身長を伸ばす食事方法とは

我々は、食べることで身体を作っていることは間違いありまえん。骨も筋肉も血液も髪の毛も、食べ物によって栄養素を摂取する事で作り出している、といっても過言ではありません。そして、子供が身長を伸ばすためにも、食べ物が大きく関わっているのです。

こちらでは、お子さんお身長を伸ばすために採用すべき食事方法を解説します。お子さんが低身長で悩んでいる親御さんは必見です。

タンパク質の摂取が欠かせない!

・低カロリーであることも忘れないで

いわゆる「高タンパク低カロリー」といった食事スタイルが身長を伸ばすためには欠かせません。タンパク質を摂取するのであれば、お肉でも良いのではないか、と安易に考えてしまいますよね。しかし、カロリーの過多は子供の身体に大きな影響を与えてしまいかねません。カロリーオーバーの結果、太ってしまう可能性もあるのです。事実、肥満児は身長が伸びない、といったことも言われています。身長を低くしてしまうようなリスクは下げなければなりません。

・高タンパクで低カロリーな食材とは?

大豆製品が該当します。納豆やとうふといったものを定期的に食べることで、タンパク質が効率的に補給できます。筋肉は体の根本であり、子供の身体を健やかに成長させてくれます。

大豆製品が必ず毎食食卓の上に上がるような状態にしてください。ただそれだけでも、身長が伸びる土台は出来るものです。

牛乳と海藻類を積極的に食べること

・カルシウムだけではダメ!マグネシウムも摂取しよう

カルシウムは骨になる栄養素なので、昔から牛乳を飲む小学生が多かったのです。しかし、カルシウムだけでは身長が伸びないことも発覚しています。カルシウムは単体だと骨になりにくいことが分かっています。牛乳を飲んだとしても、骨になってくれないのです。

そこで出番になるのが海藻類です。海藻類は身体に良いことでも知られていますが、特に有能な成分であるマグネシウムを大量に含んでいることが知られています。マグネシウムには、骨にカルシウムを定着させる機能を有しています。二つの相乗効果で、骨を健康的にして身長を伸ばすわけです。

食生活の変更は難しい!サプリメントを利用してみませんか?

・身長系サプリメントなら必要な栄養を一気に取れる!

タンパク質の摂取は難しいですが、その他の成分であれば一気に取れるのです。偏食気味のお子さんであったとしても、サプリメントだけなら飲ませやすいですよね。しかも、カロリーが低いので、肥満になる心配もありません。

子供を低身長にしてしまうかもしれない食事方法

食事は子供の身長に大きな影響を与えていることが分かっています。正しい食事を与えていれば、身長の伸びを阻害してしまうようなことはありません。一方で、子供を低身長にしてしまう食事があることも事実です。

こちらでは、子供を低身長にしてしまうリスクを高めてしまう食事方法について明らかにします。もしもこちらに紹介したような食事を子供に与えていた場合は、すぐに改めましょう。

お肉ばかりを与えていませんか?

・ステーキ
・焼き肉
・鶏の唐揚げ

上記のような食事を定期的に与えてしまっている家庭は、かなり注意が必要です。お子さんがカロリーの摂取をし過ぎな状況に陥っている可能性があるのです。もちろん、お子さんも食べたがるような食事ばかりなので、どうしても与えてやりたくなるかもしれません。しかし、太ってしまうと身長の伸びが急に抑制されることも分かっています。カロリー制限はしなければなりません。

インスタント食品を与えていませんか?

・食品添加物などが多く含まれているケースが多い

食品添加物には大きなデメリットがあります。身長を伸ばすためには、カルシウムや亜鉛といった栄養素を積極的に摂取しなければなりません。それらの成分が身長を伸ばすために大いに役立ってくれるのです。

食品添加物にはそれらの身長を伸ばすための大事な栄養素と結合する、といった特徴があります。もしも結合してしまうと、それらの栄養素が体内に吸収されません。活かされることなく、そのまま排出されてしまうのです。

カップ麺をよく与えている、といったご家庭はいますぐ食品添加物まみれの食事をやめましょう。

※インスタント食品だけでなく、甘いお菓子などにも食品添加物が含まれているケースが多いです。お菓子を与えてはいけないわけではありませんが、量は制限すべきです。

塩気の強い食事には気をつけること

・血液の流れに影響を与えてしまう

塩気の強い食事がお多くなると塩分過多の状態となってしまい、血液がドロドロに近いような状態になってしまいます。若いのですぐに生命に関わることはありませんが、血液の流れに問題が起こると、全身に効率的に栄養が送られにくくなります。

栄養が全身に回らないような状態になってしまえば、身長が伸びるような状態ではなくなってしまうのです。

塩気の強い食事はやめて血行が良くなるような対策をしましょう。血行促進成分をサプリメントで取る、といったこともおすすめです。身長系サプリメントに含まれていることが多いアルギニンには血行促進作用がありますよ。

身長には運動も大事|運動効率をアップさせる給水法

子供の身長を伸ばすために欠かせないのが運動です。身体を動かすことによって、成長ホルモンを活性化させてあげなければなりません。運動を定期的に行っている子どもと、運動をしていない子供では、身長の伸びに大きな違いがあることも分かっているのです。

こちらでは運動効率を格段にアップさせる方法として、給水について注目してみました。運動するときは汗をかきますよね。水分を補給しなければなりませんが、実はその補給方法の一つが子供の健康状態にも大きく関わってくるのです。

どんなドリンクで給水させるか?

・スポーツドリンクを与えること

単なる水だと塩分不足に陥ってしまいます。塩分不足になってしまうと、身体の栄養素が一つ足りない状態になってしまうので、健康状態にも大きなマイナスが出てきてしまうかもしれないのです。

スポーツドリンクを与えることで、一定量のナトリウムを摂取できます。ナトリウムとは塩分のことであり、汗をかくことによっては輩出されてしまったものを補給する、といった機能があるのです。

ミネラルウォーターを子供に与えているケースもあると思いますが、特に運動の後はスポーツドリンクを与えてください。

・カロリーには気をつけること

肥満児になってしまうと、身長の伸びが抑制されてしまうことが分かっています。ですから、スポーツドリンクのカロリーには注意してください。なるべくカロリー数が少ないものを与える、といったことも重要です。

ナトリウムだけではない!スポーツドリンクで摂取させるべきその他の成分

・カルシウム
・カリウム
・マグネシウム

汗を書くことで、ナトリウム以外に上記の成分が減ってしまうのです。気づいて欲しいのが、骨にかかわる成分であるカルシウムとマグネシウムが失われてしまう、といったことです。

運動が身長に良いとのことで運動をさせ汗をかかせているのに、カルシウムやマグネシウムを摂取させていない、といった状態になってしまっては本末転倒です。身長は骨が成長することによって伸びるわけですからね。

スポーツドリンクをチェックするときは、カルシウムやマグネシウムといたもの確認してください。ちなみに、カリウムに関しては身体の塩分濃度を調節してくれる機能があります。塩分摂取量が多いお子さんにはカリウムを与えるのもおすすめですよ。

身長には骨が関わる!カルシウムが骨になりやすい食事法

身長は間違いなく骨が大きく関連しています。骨が長く伸びなければ背は伸びないのです。だからこそ、食事でしっかりとカルシウムを摂取しなければならない、といったことが言われています。

しかし、カルシウムの摂取方法は難しいのです。普通に食事していれば、そのまま骨に活かされない、といったことまで言われています。

こちらでは、カルシウムが骨として活かされやすい食事方法についてお話します。

カルシウム以外にも摂取すべき栄養素がある!

・ビタミンD
・マグネシウム

カルシウムだけを食事で摂取したとしても、骨にそのまま活かされるわけではありません。注意して欲しいのが、カルシウムを骨にならせやすい栄養素がある、といたことです。その栄養素がビタミンDとマグネシウムです。

カルシウムとともにマグネシウムとビタミンDを一緒に摂取することで、カルシウムが骨に吸着しやすくなります。骨に定着すれば、それだけ骨が丈夫になります。より身長が伸びやすい状態を確保できるわけです。

【マグネシウムを多く含んだ食材例】
・アーモンドなどのナッツ類
・わかめなどの海藻類など

【ビタミンDを多く含んだ食材例】
・魚介類
・干ししいたけなどのきのこ類など

カルシウムを摂取すべき時代がある!

・幼児の時に特に摂取させるべき

カルシウムの吸収率には大きな差が年代によってあるのです。若い時ほど、カルシウムの吸収率は良いのですが、年齢が高くなる事によって、どんどん吸収率は低減してしまうことが分かっているのです。

・幼児の時のカルシウム吸収率・・・75%
・10代の成長期のカルシウム吸収率・・・30%から40%ほど
・20代から30代にかけてのカルシウム吸収率・・・30%ほど

上記のように、幼児の時は圧倒的にカルシウムを吸収します。骨にしやすい状態となっているのです。しかし10代には立と半分程度に下がってしまいます。できれば、小学生低学年お家に、カルシウムを積極的に与えるような食生活を実施してください。

10代の成長期に入った時は、カルシウムだけでなくマグネシウムやビタミンDを併用して、カルシウムが骨になりやすい状況を作り出しましょう。

身長系サプリメントを利用するのもおすすめ

・カルシウム・ビタミンD・マグネシウムが含まれている

身長系サプリメントであれば、身長に必要な成分が効率的に摂取できます。カルシウムだけでなくその他の成分も豊富なので、成長期のお子さんにぜひ与えてください。効果的な身長対策となってくれるはずです。

食べ過ぎはダメ!肥満児の身長が伸びない理由

子供が太っていると身長が伸びない、といったことが噂されています。都市伝説ではないか、といったことを思っている方もいますが、あながち間違いではありません。実際に太っている子供の身長は低い、といった研究結果もあるほどなのです。

こちらではなぜ肥満児の身長が伸びないのか、といったことについてはお話します。自分のお子さんが低身長でしかも太っている、といった場合は必見です。

肥満児の身長が伸びない理由その1|性ホルモンの分泌が早まってしまう可能性あり

・ホルモンの分泌が活性化すると身長がストップする

早熟タイプは身長が低い、といった話は知っているでしょうか。実際に中学生で身長がストップする方は低身長になりやすいです。一方で、小学生や中学生で身長が低かったとしても、高校生になってから急激に伸びる方は高身長になります。身長に関しては、晩成タイプのほうが伸びる、といった統計も出ているのです。

肥満はその早熟に大きく関連しています。要は、男性であれば男性ホルモンの分泌を早く始めてしまいますし、女性であれば女性ホルモンの分泌を早くしてしまいます。

特に食べ過ぎると、性ホルモンが活性化されると言われているのです。食べなければ栄養が足らなくなりますが、食べ過ぎもいけない、といったことは頭に入れておきましょう。身長伸ばすために食べ過ぎて、かえって太ってしまっては元も子もありません。

肥満児の身長が伸びない理由その2|成長ホルモンの分泌が悪くなってしまう

・成長ホルモンを阻害してしまう

成長期の子供は、寝ている間に大量の成長ホルモンが分泌されます。その結果、身長が伸びるようにできているのです。しかし、肥満の状況が長く続いてしまうと、成長ホルモンの分泌量が少なくなる、ということが分かっているのです。

成長ホルモンの分泌量が少なくなると、骨の成長が阻害されてしまいます。その結果、身長の伸びが抑えられてしまい低身長化してしまいます。

肥満にならずに栄養をたっぷりと与えるにはどうしたら良いの?

・身長系サプリメントを利用しよう

サプリメントは栄養がしっかりと含まれています。ビタミンやミネラル、そしてアミノ酸などを効率的に含めているのです。その一方で、カロリーがほとんどありません。

サプリメントであれば太る心配がなく、大量の栄養素をより効率的に身体に取り込めるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ